CX2SN20-090L

CX2SN20-090L

このビデオはある国内工場からのものです。このビデオは彼らのSN520からCOCのCX2SN20-090Lへの交換時に撮影されたものです。交換後のベアリングの撮影時はプーリーカバーを取り付ける前でした。使用条件は揚陸コンベアの軸径90ミリで回転数が1,480rpmです。彼らはSN520を長年使用していて、ベアリングの温度がいつも問題になっていました。彼らのベアリング温度の規定は外気温+40℃以下となってます。このビデオの撮影時の気温は14℃で、温度規定が最大54℃に対してSN520は70℃で回転していました。COCのベアリングに交換した後ははじめの1時間半は50℃まで上がりましたが、余分なグリスが排出された後は26℃まで下がり安定して回転しました。COCのベアリングに交換して現在約1ヶ月になりますが、ベアリングの温度は低く安定して回転しています。これで彼らの長年の問題点がようやく解決しました。