CX2SN  VS.  SN5

 

同取り付け寸法
同外径サイズのベアリング

組み立て済み

製品

ユーザーで組み立て必要

注文は1アイテム

発注

3アイテム以上の注文

3重シールはシャフトや内輪ではなくステンレス製のスリンガに接触。内輪が調心しても常圧でシールが接触する。
CX2SNのグリースは使用回転スピードに合わせて排出されます。回転数が上がれば余分なグリースは排出され内部温度を低く保ちます。

シール

シールはシャフトを擦ってシャフトにダメージを与える。内輪の調心によりシールの接触圧は減少する。
SNベアリングは内部容積が大きく多くのグリースが必要となります。設計上余分なグリースの排出が難しく、回転数が上がれば内部温度も高くなります。

CROSSLOC™
ロングスリーブで保持

ロッキングスタイル

アダプタ
ショートスリーブで保持。

簡単

  • キャップボルトを対角に締める。

取り付け

難しい

  • すきまゲージでベアリングの内部すきまを測定
  • 規定のすきま値までロックナットを締め付ける
  • ロックワッシャーのタブを折り曲げる

簡単

  • キャップボルトを対角に緩める

取り外し

難しい

  • ロックナットを緩めて、ハンマーで叩いて取り外す
  • もしくはプーリー抜きを使って取り外す

六角レンチ
トルクレンチ (推奨)

タブを折り曲げたり、ナットにマーキングする必要なし。

工具

スパナーレンチ
ハンマーとドリフトピン
すきまゲージとすきま値表

工場で封入しシール済み

潤滑

ユーザーが購入し封入。
SNはおおきな空間がある為CX2SNの4倍のグリースが必要。